子どもホスピスとは?

子どもホスピスとは?

小児がんや脳性まひ、筋ジストロフィーなどの重い病気や障害とともに生きる子どもや、その家族を支えるための施設。1982年に世界初の施設がイギリスにでき、その後オーストラリアやカナダなどにも広がりました。親子で短期間滞在して、自宅のようにくつろぎやすい環境でお医者さんにみてもらうタイプの施設が多いといいます。

 日本初の子どもホスピスが、今年から2012年にかけて、神奈川県大磯町、奈良市、北海道滝川市の3か所にできる予定です。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


がん治療の名医、帯津良一がおくる養生法『全力往生』発刊 »
« 患者塾:医療の疑問にやさしく答える 女性のがん/下 /福岡