患者塾:医療の疑問にやさしく答える 女性のがん/下 /福岡

患者塾:医療の疑問にやさしく答える 女性のがん/下 /福岡

2月20日に開かれた第127回患者塾のテーマは「女性のがん」。人工肛門(こうもん)を付けることになった際のアドバイスや外陰部にかゆみがあった時の注意点などについて医師から詳しい説明があった。

 ◆人工肛門のショック

 ◇進む技術が保つ生活の質
 山口県下関市の32歳女性 直腸がんとなった60歳の母親が、医師から「場所が悪いので人工肛門にすることになります」という説明を受け、すごくショックを受けたようです。母が自信を持って暮らすためのアドバイスをお願いします。

 小野村さん 女性が一番気になるのは、においや漏れないかということだと思いますが、機能はかなり進歩していますよね。

 平田さん バウチという袋の種類が増え、肌や傷に合わせて選べるよう性質も向上しています。おならのような音が出ることは防げないのですが、におい消しなどもあります。「明日はお通じが出ないといいな」という場合には、風呂や専用のトイレでお湯を管で人工肛門に入れて中を洗浄すると3日ぐらいお通じが出ないという方法もあります。

 仲野さん 人工肛門を付けても、スポーツをやることは全く問題ありません。落ち込む患者さんには、丁寧に説明し、治療ができることをまずは喜んでほしいということを一生懸命伝えていきたいと思っています。

 伊藤さん 人工肛門の技術は進んでいるので、想像するような生活上の困難はまずありません。女性の大腸がんは増えているので、早めに見付けて早めに治療することを心掛けることが大切です。定期的に検診を受けることが大事です。

 ◇最も気を付けたい不眠
 小野村さん 落ち込んだり、ショックを受けている患者さんに、心療内科の受診を進めるのはどのようなケースですか。

 夏目さん 周囲が最も気を付けなくてはいけないのは眠れなくなることです。不眠の状態が何日も続くと体力的にも精神的にもかなり消耗するのです。また、悲観的になって少し奇異な話をしたり、訳の分からないことを話し出した場合。食事が取れないとか、全く話をしないという状態が続いた場合。「死にたい」というようなことを言い出した場合。つまり周囲が見ていつもと違う状態が続き、眠れずに苦しそうだったら受診させてください。

 ◆外陰部の頑固なかゆみ

 ◇がんも疑って受診を
 東京都の38歳の女性看護師 外陰部がただれたようになり、皮膚の薬を数年塗っていました。治りが悪くなり、婦人科で診てもらったら「外陰がん」と言われました。恥ずかしい部分でも早めに診てもらわないといけないと感じました。

 安藤さん 薬局で購入した塗り薬を数年塗り続けて、どうにも我慢できなくなって診察に来る女性が最近増えています。簡単に手に入る薬を安易に使いすぎないでください。何の病気で、どうしてそうなったのかという診断を受けてから、どういう薬を塗っていくか医師と相談するのがいいと思います。

 下川さん 同じ部分がかゆくなるような頑固なかゆみや、触ると固いような感じがするのであれば、必ず医師に診せてください。頑固なかゆみは外陰がんを疑って対応するというのが産婦人科医の基本です。どんな薬を塗ってもかゆみが取れない場合は早めに受診してください。

==============

 ◇出席された方々
下川浩さん=エンゼル病院(北九州市、産科・婦人科)

安藤由起子さん=安藤ゆきこレディースクリニック(北九州市、産科・婦人科)

夏目高明さん=夏目心療クリニック(福岡市、心療内科・精神科)

伊藤重彦さん=北九州市立八幡病院副院長(外科)

平田敬治さん=福岡山王病院外科部長(福岡市)

津田文史朗さん=つだ小児科アレルギー科医院院長(水巻町)

仲野祐輔さん=八屋第一診療所院長(豊前市、外科)

 ◇司会
小野村健太郎さん=おのむら医院院長(芦屋町、内科・小児科)

==============

 ◇第128回患者塾のご案内
テーマ (1)身近な「女性の病気」

    (2)取説「患者語医者語辞典」

と き 3月27日(土)

    午後3時~6時

ところ 遠賀中間医師会館

    遠賀郡水巻町下二西2の1の33

    093・201・3401

 前回の「女性のがん」は大きな反響がありました。がん以外でも女性特有の病気について、たくさんのお尋ねが寄せられました。特に「膣(ちつ)カンジダ症」などの身近な病気に関する深刻なお尋ねがあり、医師として分かりやすい説明をすることの困難さを痛感しました。

 今回は、この「身近な」女性の病気を取り上げながら、併せて連載中の「患者語・医者語辞典」の知識を患者の立場で実際にどう活用すれば、よりよい医療を受けられるのかを話し合います。

==============

 ◇質問は事務局へ
〒807-0111

 福岡県芦屋町白浜町2の10「おのむら医院」内

電話093・222・1234

FAX093・222・1235

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


子どもホスピスとは? »
« 子宮頸がん啓発ライブイベント、BENIとキティがPR