シスメックス、がんセンターとCTC検出技術共同開発へ

シスメックス、がんセンターとCTC検出技術共同開発へ

シスメックスは16日、血中循環がん細胞(CTC)を検出する技術の臨床有用性の検証に向け、国立がんセンターと共同研究を開始したと発表した。まず、胃・大腸・食道・肝臓・すい臓がんを対象にCTCが検出できるかを確認したうえで、それぞれのがんに対し、臨床有用性の検証を実施していく予定だ。シスメックスはオンコリスバイオファーマとの共同研究開発で、生きたがん細胞内で増殖するウイルスを利用して、血液中に存在するがん細胞を発光させて検出する技術を2009年1月に確立した。同技術はCTCを高感度に検出でき、血清腫瘍マーカー検査やCTスキャンなどよりも早期・正確にがん転移の可能性を予測する診断法につながると期待されている。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


指定がん病院制度創設 新年度に県、「質の高い治療」拡充 »
« シスメックスは16日、血中循環がん細胞(CTC)を検出する技術の臨床有用性の検証に向け、国立がんセンターと共同研究を開始したと発表した。まず、胃・大腸・食道・肝臓・すい臓がんを対象にCTCが検出できるかを確認したうえで、それぞれのがんに対し、臨床有用性の検証を実施していく予定だ。シスメックスはオンコリスバイオファーマとの共同研究開発で、生きたがん細胞内で増殖するウイルスを利用して、血液中に存在するがん細胞を発光させて検出する技術を2009年1月に確立した。同技術はCTCを高感度に検出でき、血清腫瘍マーカー検査やCTスキャンなどよりも早期・正確にがん転移の可能性を予測する診断法につながると期待されている。