霊芝に大腸がん予防効果か

霊芝に大腸がん予防効果か

広島大大学院医歯薬学総合研究科の田中信治教授(51)=内視鏡医学=たちのグループは、キノコの一種、霊芝(れいし)の菌糸から抽出したエキスに大腸がんを予防する可能性があることを、患者を対象とした試験で確認した。

 内視鏡検査で、大腸がんに進む恐れがある腫瘍(しゅよう)があった40歳以上の患者に、抽出物0・75グラムを1日2回飲んでもらった。1年後に、大腸内の腫瘍の数と大きさを内視鏡で調べ、飲む前の状況と比較した。

 2004年から広島大病院の患者の協力で試験し、このほど結果をまとめた。1年間抽出物を飲んだ96人の平均腫瘍数は2・29個から1・87個に減少し、腫瘍の大きさも縮小した。一方、服用しなかった102人の平均腫瘍数は1・52個から2・18個に増加した。

 新たな腫瘍が発生した人の割合は、抽出物を飲まなかったグループが42・2%だったのに対し、服用したグループは11・4%にとどまった。田中教授は「がんの前段階の腫瘍の発生や成長を抑える効果を確認できた。大腸がん予防に効果が期待できる。大規模な臨床試験でさらに検証したい」と話している。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


室蘭で無料クーポン券利用の女性がん検診がパンク状態 »
« 群大、がん患者に初の重粒子線治療開始