バイオラバー薬事法違反:「がん効能」と販売、会社社長ら書類送検--府警 /京都

バイオラバー薬事法違反:「がん効能」と販売、会社社長ら書類送検--府警 /京都

高速水着の開発で知られる山本化学工業(大阪市)の「バイオラバー」製品を巡る薬事法違反事件で、府警が先月、「がんに効く」と宣伝、販売したとして東京都の健康用品販売会社「壮快薬品」と同社の男性社長を同法違反(無承認医薬品の販売)容疑で書類送検していたことが分かった。

 送検容疑は、同社役員=罰金刑=の男らと共謀し、昨年7月、京都市内の同社店舗で、同市内の主婦にがんに効能があるように説明し、バイオラバーを使った製品を23万円で売るなどしたとされる。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


がん治療:群馬大、2回目の重粒子線照射 /群馬 »
« [大腸がん新事情](中)治療10分 日帰りも可能