抗がん剤ハーセプチンとゼローダの併用療法で効能追加申請―中外製薬

抗がん剤ハーセプチンとゼローダの併用療法で効能追加申請―中外製薬

中外製薬は3月19日、抗がん剤ハーセプチンとゼローダの併用療法について、HER2陽性の進行・再発胃がんに対する効能追加の承認申請を厚生労働省に行ったと発表した。海外では親会社のロシュ社(スイス)が、欧州医薬品審査庁(EMEA)から1月に承認を取得している。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


がん医療の夢に取り組む”ドリームチーム”が発進 »
« なぜか短命、がん化危険ないiPS細胞マウス