がん治療費、年平均133万円…7割が負担感

がん治療費、年平均133万円…7割が負担感

がん患者が1年間に治療のために支払う費用は平均約133万円で、7割が経済的な負担を感じていることが、NPO法人「日本医療政策機構」の調査で分かった。

 昨年11月中旬~12月末、患者団体を通じて患者や家族などに郵送やインターネットでアンケートを行い、1618人から回答を得た。

 保険診療や健康食品などに使った総額は平均で年132万9000円。患者世帯の年収は200万~300万円が16%と最も多く、「とても負担が大きい」「やや負担が大きい」が合わせて71%に上った。経済的理由で治療を断念したり、別の治療に変えたりした患者も7%いた。

 医療機関の診断や治療方針を決めるまでの過程、受けた治療について満足度を尋ねたところ、「不満足」「どちらかといえば不満足」が合わせて20~29%だった。「情報が少ない」「精神面のサポートが不十分」などの理由が多かった。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


【ATL-成人T細胞白血病-制圧へ】HTLV1総合対策を 与野党議員に患者団体要望 江田康氏「議連つくる」 »
« がん在宅療養の情報満載 宮城の患者会有志が冊子発行