がん在宅療養の情報満載 宮城の患者会有志が冊子発行

がん在宅療養の情報満載 宮城の患者会有志が冊子発行

 退院後のがん患者をサポートするための情報を幅広く集めた「宮城版 退院時サポートキット」が完成した。患者や家族がスムーズに在宅療養に移り、不安や悩みを解消してもらおうというもので、患者会の代表ら有志が作った。23日には仙台市内で完成披露会が行われる。

 キットはA4判で68ページ。冒頭で療養生活を送る上での心構えを説き、治療法や副作用の特徴などを解説している。

 患者会やサポートグループ、がん患者の往診を手掛けるクリニック、セカンドオピニオンを受け付けている病院など、がんにかかわる県内各地の団体や医療機関、相談窓口などの紹介に、紙幅の大半を割いた。

 事業はNPO法人日本医療政策機構(東京)が昨年、全国公募した「地域発・がん対策市民協働プログラム」の一環。

 患者会代表やがん看護専門看護師ら有志4人が同機構の助成金を活用し、県や県立がんセンターの協力を得て作った。県内で活動する患者会や支援団体の代表者らの意見も反映した。

 がんは長期の療養が必要で、体の痛みや治療に伴う副作用、経済的な負担などで、患者や家族が不安やストレスを抱えるケースが多い。医療費の抑制政策で入院期間が短縮され、在宅療養支援の必要性は増している。

 患者会「カトレアの森」の代表で、中心となって製作にあたった郷内淳子さん(49)は「これまで病院での退院後の支援は十分と言えなかった。キットには思いつく限り多くの情報を盛り込んだ。それぞれの事情に合わせて、有効に活用してほしい」と話す。

 キットは療養日誌や既刊の小冊子と合わせて、宮城県内にある一部のがん診療連携拠点病院で、5月ごろから無料で配る予定。初めてがんと診断され、退院する患者が対象で、希望する患者や家族にも提供する。

 完成披露会は23日午後1時から青葉区の市シルバーセンターで。郷内さんらがキットの概要を紹介するほか、患者や家族の支援策をテーマにした意見交換もある。参加無料。連絡先は090(3980)1624。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


がん治療費、年平均133万円…7割が負担感 »
« 小倉恒子さん死去 乳がん患者の医師