SOPHIAの都啓一、血液のがん「ろ胞性悪性リンパ腫」を公表

SOPHIAの都啓一、血液のがん「ろ胞性悪性リンパ腫」を公表

デビュー15周年を迎えたロックバンド「SOPHIA」のキーボード都啓一(38)が、2月上旬に血液のがん「ろ胞性悪性リンパ腫」と診断されていたことが、分かった。21日、メンバーが連名で公式HPとマスコミへのファクスで公表した。4月10日の全国ツアー最終公演をもって抗がん剤治療に入り、SOPHIAもライブ活動を休止。治療の経過により、活動再開の時期を検討する。他のメンバーは、楽曲制作及びソロ活動を続ける。都は、妻で歌手の久宝留理子(40)と連名で「全国ツアーを回りながら病気と戦う準備をしておりました。必ず治す事を家族共々心に決め、一日も早く音楽活動を復帰出来る様、頑張りたいと思います」とコメントした。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


訃報:小倉恒子さん57歳=乳がん患者で耳鼻咽喉科医 »
« 血液のがん、SOPHIA都啓一が告白