血液のがん、SOPHIA都啓一が告白

血液のがん、SOPHIA都啓一が告白

デビュー15周年記念全国ツアー中の、男性5人組ロックバンドSOPHIAが21日、所属のユニバーサルミュージックを通じ、キーボード都啓一(38)が2月上旬、血液のがんの一種である「ろ胞性悪性リンパ腫」と診断されたと発表した。都は妻の歌手久宝留理子(40)と連名によるファクスで「全国ツアーを回りながら病気と戦う準備をしておりました。必ず治すことを家族ともども心に決め、1日も早く音楽活動を復帰できるよう、頑張りたいと思います」とコメントした。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


SOPHIAの都啓一、血液のがん「ろ胞性悪性リンパ腫」を公表 »
« ソフィア都啓一血液がん発表、治療に専念