ソフィア都啓一血液がん発表、治療に専念

ソフィア都啓一血液がん発表、治療に専念

男性5人組ロックバンドSOPHIAのキーボード都啓一(38)が21日、2月上旬、血液のがんである「ろ胞性悪性リンパ腫」と診断されたと発表した。

 都はこの日、東京・渋谷で行われたCD購入者向けイベントでがんであることを告白し、それがインターネット動画配信サービス「ニコニコ動画」でも生配信された。都は「必ずまたこのステージに戻ってくる(中略)約束は忘れないのでがんを克服し、全国の皆に必ず会いに行きます!」とコメント。その後、マスコミ各社に妻の歌手久宝留理子(40)と連名でファクスも送った。

 SOPHIAの公式サイトによると、都は2月上旬に左もも付け根に腫れがあったため病院に行き、同17日に検査手術と精密検査を行ったところ、がんに冒されていることが分かったという。SOPHIAは現在、デビュー15周年記念全国ツアーを行っているが、4月10日の中野サンプラザ公演をもってライブ活動は休止。都は抗がん剤治療に入り、活動再開は都の治療の動向をみて決めるという。楽曲製作や各メンバーのソロ活動は継続し、7月1日から4日まで米ロサンゼルスで開催される「ANIME EXPO 2010」には、都を除く4人で出演する。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


血液のがん、SOPHIA都啓一が告白 »
« 第24回日本がん看護学会開催