SOPHIA都啓一がん告白 4・10最後にバンド一時休止 治療に専念

SOPHIA都啓一がん告白 4・10最後にバンド一時休止 治療に専念

5人組ロックバンド「SOPHIA」のキーボード担当・都啓一(38)が、今年2月上旬にがんの一種である、ろ胞性悪性リンパ腫と診断されたことが21日、分かった。所属事務所とレコード会社が連名のファクスで発表した。

 SOPHIAは、現在デビュー15周年ツアー中だが、4月10日のファイナル(東京・中野サンプラザ)をもってバンド活動を一時休止し、都は治療に専念するという。都以外のメンバーは楽曲制作やソロ活動を続ける。また、出演予定の「アニメ・エクスポ2010」(7月1-4日、米ロサンゼルス)には、都を除く4人のメンバーで出演する。

 都は「必ず治すことを家族ともども決め、1日も早く音楽活動に復帰できるよう、頑張りたいと思います」とコメントしている。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


日大三・山崎、脳腫瘍手術日に記念星 »
« 【青空 あなたの物語】地雷撤去 命の限り がん転移と闘う相庭さん 福岡発NGO 山形で広める