県内5病院を継続 がん診療連携拠点病院指定

県内5病院を継続 がん診療連携拠点病院指定

 厚生労働省は、鳥取県における「がん診療連携拠点病院」について、県が推薦した5病院を継続して指定することを決めた。いずれも現在指定を受けている病院。新たな指定期間は4月1日から4年間。

 このうち、県の中心的な役割を果たす「県がん診療連携拠点病院」には、鳥取大学医学部付属病院(米子市)を指定。東部圏域の「地域拠点病院」には県立中央病院(鳥取市)と鳥取市立病院(同)、中部圏域は県立厚生病院(倉吉市)、西部圏域は米子医療センター(米子市)をそれぞれ指定した。

 がん診療連携拠点病院は、地域におけるがん診療の拠点となり、質の高いがん医療を提供する。地域の医療機関との密接な連携を図り、地域の医師などに対して研修機会の提供を行う。

 今回は国の制度見直しに伴い、放射線治療専門医の配置や緩和ケア外来の設置、相談体制の整備などが指定要件として追加された。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


子宮頸がんワクチン、4市町全額助成…栃木 »
« 脳腫瘍と闘うバレステロス氏がウッズ復帰歓迎