脳腫瘍と闘うバレステロス氏がウッズ復帰歓迎

脳腫瘍と闘うバレステロス氏がウッズ復帰歓迎

不倫騒動で大会出場を自粛していた米男子ゴルフのタイガー・ウッズ(米国)が、4月8日開幕のマスターズ・トーナメント(米ジョージア州オーガスタ)で復帰することについて、メジャー大会通算5勝のセベ・バレステロス氏(スペイン)は23日、「復帰は素晴らしい。もし彼が引退していたら、ゴルフ界は深刻な困難に陥っていた」と歓迎の意向を表明した。

 脳腫瘍と闘うバレステロス氏は、ウッズがマスターズで通算4勝していることに触れ「彼はコースをよく知っているし、勝つチャンスは十分にある。目の前のあらゆる障害に打ち勝つ能力がある」とエールを送った。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


県内5病院を継続 がん診療連携拠点病院指定 »
« AIGエジソン生命、がん撲滅に向け福井県と協力協定を締結