「がんと一緒に働こう!」 東京・恵比寿で開催

「がんと一緒に働こう!」 東京・恵比寿で開催

がん治療を続けながら働くコツなどについて、患者や家族、医師、学者らが意見を交換する「がんと一緒に働こう!」(CSRプロジェクト主催)が5月1日、東京・恵比寿の「SPAZIO2」で開かれる。

 基調講演は神戸大学大学院の瓜生原葉子さんによる「働き続けられる社会に向けて」、日本対がん協会の関原健夫さんによる「働き盛りのがん」など。続いて「働き世代のがんを考える」をテーマに、獨協医科大学公衆衛生学講座の高橋都さん、社会保険労務士の近藤明美さん、クレディセゾン人事部長の武田雅子さんらが討論。司会は、働く世代のがん患者について就労・雇用の実態調査などを行った東京大学医療政策人材養成講座の桜井なおみさん。

 午後1~4時15分で参加費1500円(書籍代込み)。

 希望者はHP(http://www.cancernet.jp/eve.html)のほか、名前、立場(患者、家族、医療従事者、学生、行政関係者、製薬・医療機器関係者など)、連絡先(メール、FAX、電話番号、住所のいずれか)を明記し、メール(0501csr@cancernet.jp)、FAX(03・5840・6073)、往復はがきで、〒113-0034 東京都文京区湯島1の6の8の7F 「NPO法人キャンサーネットジャパン内CSRプロジェクト事務局5月1日セミナー申込係」まで。先着160人。詳細は(電)03・5840・6072。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


がん検診50・フォーラム:受診率向上訴える--東京 »
« 陽子線がん治療センター公開 世界初の照射システム導入