D・ホッパーさんがハリウッド殿堂入り=末期がんの闘病押し出席-米

D・ホッパーさんがハリウッド殿堂入り=末期がんの闘病押し出席-米

【ロサンゼルス時事】映画「イージー・ライダー」などで知られる米俳優デニス・ホッパーさん(73)がショービジネスで成功した人物をたたえるハリウッドの殿堂「ウォーク・オブ・フェイム(名声の歩道)」入りを果たし、26日に名前が刻まれた星形のプレートがハリウッド大通りの歩道に埋め込まれた。AFP通信などが伝えた。
 末期の前立腺がんで余命わずかと診断されたホッパーさんは式典にまな娘のギャレンちゃん(6)を伴い出席。手や頭に包帯などを付けた痛々しい姿ながら、盟友の俳優ジャック・ニコルソンさんやデビッド・リンチ監督らが見守るなか、しっかりとした口調で「皆さんから人生のすべてを学んだ」などとあいさつした。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


がんと闘い『歴史』見届け 昨夏発覚、協議で病院抜け出しも »
« ジョー山中、肺がん発覚