末期がんのデニス・ホッパー、ハリウッド殿堂入り式典に出席

末期がんのデニス・ホッパー、ハリウッド殿堂入り式典に出席

ロサンゼルス(CNN) 映画「イージー・ライダー」などで知られる米俳優デニス・ホッパーさん(73)が26日、末期がんで治療中の身を押して、ハリウッド・ウォーク・オブ・フェーム入りの式典に出席した。

式典には「イージー・ライダー」で共演したジャック・ニコルソンさんや、6歳になる娘のガレンちゃんも出席。ハリウッドで2403番目となる星形を披露した。

ホッパーさんは前立腺がんで闘病中だが、転移が進んで末期状態にある。担当医によると、非常に弱った状態だが、45分間の式典中には自分の足で歩き、集まったファンに向って感謝の言葉を述べた。

現在は離婚訴訟で係争中だが、体調の悪化が激しく、担当医はホッパーさんが法廷の場に出れば命を縮めるだけだと警告している。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


殿堂入り式典に出席 がんの俳優D・ホッパー氏 »
« がん診断鮮明画像で