心打つ演奏に支援の輪がん患者慈善コンサート

心打つ演奏に支援の輪がん患者慈善コンサート

がん患者や遺族を支える市民団体のためのチャリティーコンサートが28日、京都市中京区のウィングス京都で開かれた。4年前に父親を大腸がんで亡くした音楽教室講師竹内香さん(45)=北区=と生徒たちが出演し、来場者が情感豊かな音色に聞き入った。

 竹内さんは、父が告知から約半年後に亡くなり、空虚感にさいなまれた。患者や家族が集まる催し「リレーフォーライフ芦屋」のメンバーとの出会いで心が前向きになり、恩返しの気持ちからコンサートを企画した。

 リレーフォーライフ関西実行委員会の主催で約70人が聞きに訪れた。竹内さんが「上を向いて歩こう」など4曲をオルガンで奏でて開幕。後半は竹内さんの娘2人と、患者の家族や遺族である生徒2人も加わり、ピアノ連弾などを披露した。

 思いを込めた演奏が心を打ち、帰り際に多くの来場者が募金に協力した。上京区で集いを催している患者交流サロン「葉月プラナスの会」などを通じ、抗がん剤の副作用に苦しむ人たちに贈られる。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


がん診断「PET―CT」を導入…県立がんセンター新潟病院 »
« リサ&MAIKOトークショー 「ピンクリボンウオーク2010」