がん検診受診率向上で協定書締結

がん検診受診率向上で協定書締結

がん検診の受診率向上のため県は29日生命保険会社など8つの企業や団体と協定書を締結し官民一体で啓発活動に取り組むことになりました。
県ではがんの早期発見・早期治療のため企業と連携して検診受診率向上に取り組みます。
29日はアフラックの大竹美喜最高顧問ら企業の代表者と広瀬知事が協力に向けた協定書に署名をしました。
県内のがん検診受診率は全国平均を上回っていますが目標値の50%には達していません。
2010年度以降、県などは金融機関の窓口にパンフレットを置いたりチャリティイベントを開催したりして受診率向上の啓発活動を行います。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


DNP、がん登録データ分割・分散管理関連の共同実証実験を実施 »
« 大鳥居、ピンク色に 乳がん早期受診啓発で熊野本宮大社