J&Jの乳がん早期発見事業にGTCRゴールダーが買収を提案

J&Jの乳がん早期発見事業にGTCRゴールダーが買収を提案

米日用・医薬品大手ジョンソン・エンド・ジョンソン(J&J)の乳がん早期発見事業に、米プライベートエクイティ会社、GTCRゴールダー・ローナーが買収を申し出ていることが明らかになった。
 買収の対象となっているJ&Jのエシコン・エンド―サージェリィは乳がんの早期発見のための製品を販売する会社。GTCRゴールダーからの申し出は「変更不可能かつ無条件」なものとされ、金額は公開されていない。

 J&Jは、今後成長が見込める分野に集中するために、同事業の売却を検討していた。買収を受け入れるかどうかを決定する期限は6月15日。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


子宮頸がん:「予防の時代」 国際学会…「ワクチンの啓発」「効果的な検診」主に議論 »
« Dr.中川のがんから死生をみつめる:/50 「さよなら」のための時間