エーザイは終日軟調、自社創製抗がん剤承認申請も、市場は反応せず

エーザイは終日軟調、自社創製抗がん剤承認申請も、市場は反応せず

 医薬品大手のエーザイ <4523> の31日は終日軟調に推移。一時50円安の3330円まで売られた。
 31日午前8時30分に、自社創製の抗がん剤「エリブリン」について、局所進行性・転移性乳がんの適用で、日本は厚生労働省、米国はFDA(米食品医薬品局)、欧州はEMA(欧州医薬品庁)の各当局に対し製造販売の承認申請を行ったと発表。グローバルで実施した第3相試験で、少なくとも2種のがん化学療法(アントラサイクリンおよびタキサン系抗がん剤を含む)による前治療歴のある、局所再発性・転移性乳がんの患者762名を対象とした、多施設、無作為化、非盲検、並行2群間比較試験を行った。「エリブリン」投与群は、主要評価項目である全生存期間を統計学的に有意に延長したという。
 31日終値は45円安の3335円。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


県と企業ががん対策の協定結ぶ »
« 抗がん剤エリブリンを日米欧で承認申請―エーザイ