がん治療薬 米で6月に臨床実験 岡山大発ベンチャーが申請、受理

がん治療薬 米で6月に臨床実験 岡山大発ベンチャーが申請、受理

岡山大発のベンチャー企業「桃太郎源(げん)」(岡山市北区津島中、塩見均社長)は、同大が発見したがん抑制遺伝子を使った新規の遺伝子医薬の臨床試験を米食品医薬品局(FDA)に申請し31日、受理された。臨床試験は米国の病院で前立腺がん患者を対象に行い、6月上旬をめどに1例目を始める予定。安全性と効果を確認し、新たながん治療法の確立を目指す。

 臨床試験に使うのは、がん抑制遺伝子「REIC(レイク)」を、患部への運び役となるアデノウイルスに組み込んだ治療薬。同遺伝子をヒトのがん治療に用いるのは世界で初めて。

 計画では、ニューヨークのマウントサイナイ病院で臨床試験。再発リスクの高い限局性前立腺がんで、患部の摘出手術を予定している患者を対象に実施する。手術の約1カ月前に、患部に投与。安全性を確認するとともに、手術までの間に、がんの活性を示す腫瘍(しゅよう)マーカーをどの程度低下させるかや、摘出組織での治療効果、術後の再発抑制効果などを検証する。投与量を3段階に変え、1年間で計12例の試験を予定している。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


乳がん治療患者が児島市民病院提訴 4年間違う薬を投与 »
« 11エリアにがん対策の診療拠点 県がアクションプラン