一般公開始まる 県陽子線がん治療センター

一般公開始まる 県陽子線がん治療センター

福井市の県立病院北側に完成した「県陽子線がん治療センター」(仮称)の一般公開が3日、始まった。

 この日は170人が訪れ、グループに分かれて施設内を見て回った。加速器室では、病巣に照射する陽子線を光速の7割程度に加速する「シンクロトロン」の巨大さに目を丸くし、梅田武彦室長らから加速は電磁力を使い、加速器室は「放射線管理区域」となるため周囲の壁は3メートル以上あることなどを聞いた。

 参加した鯖江市水落町4、会社員小椋正博さん(32)は「保険の仕事をしているが顧客の関心は高く、自分の目で確かめようと思った」と興味深げだった。

 一般公開は4、17、18日もある。治療開始は2011年3月の予定。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


浜松大サッカー部・大槻選手 がん克服し半年ぶりピッチに戻る »
« 子宮頸がん検診受けて。4月9日は子宮の日