がんの悩み打ち明けて 大館市立病院内にサロン

がんの悩み打ち明けて 大館市立病院内にサロン

 秋田県大館市のがん闘病経験者らでつくる「大館地区がん患者友の会」(愛称・大館虹の会)が、大館市立総合病院の協力を得て、病院内に「がんサロン」を開設する。会員が悩みを抱えるがん患者やその家族の相談に応じることで、「励まし合いの輪」を広げる狙いだ。

 初回は21日で、その後も毎月第3水曜日にサロンを開く予定。午後1時から約3時間、看護師を含む会員数人が、市民の相談に無料で応じる。6月ごろからは月2回の実施を目指して準備を進めている。

 会は試行期間として3月に3回、病院内でサロンを開き、4人が相談に訪れた。ある患者の妻は「夫が外に心を向けなくなった。気持ちが落ち込んでいるようだ」と悩みを語ったという。

 会の代表で、胃がんなどの病歴がある土門昭夫さん(72)は「がん患者や家族が闘病の不安や悩みを相談できる場は少なく、語り合える場を設けたかった。悩みを打ち明け、少しでも安らいだ気持ちになってほしい」と話している。

 会は昨年6月に設立。会員は現在、患者やその家族、看護師ら40人。毎月第1水曜日に病院で例会を開き、闘病経験を話し合ったり、治療情報を交換したりしている。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


バイエル 抗がん剤フルダラの国内製造販売承認 ジェンザイムに7月に承継 »
« 治療士、がん闘病体験記…石巻赤十字病院・大塚さん