中1~3年も半額助成 子宮頸がん予防ワクチン 大田原市

中1~3年も半額助成 子宮頸がん予防ワクチン 大田原市

【大田原】小学6年生女子への子宮頸がん予防ワクチン接種を全額公費負担する市は6日、市内23校での集団接種を5月13日から始めることを決めた。また本年度に限り、中学1~3年生女子にも接種費用を半額補助することを決めた。

 同日の市内小中学校長会で正式に決まった。市は各小学校に(1)23日までの接種希望の取りまとめ(2)希望者への問診票配布(3)会場の提供-を要請し、了承された。集団接種は5月13日から始まり、来年1月19日まで実施する。

 同ワクチンは11~14歳での接種が最も効果的とされる。市は「小学6年生との公平性を持たせるための措置」として、新たに市内中学1~3年生女子(1087人)の希望者にも接種費用の半額を助成する。

 3回接種すれば、2万2500円が補助される。接種方式は市内医療機関での個別接種。各校を通じ、全生徒に半額で接種できるクーポン券を配り、6月から接種を始める。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


がん罹患時の収入減のリスクに焦点、アクサ生命が「ガン収入保障保険」 »
« 血液がん克服、夢の教壇…高知の戸田さん、市立中教諭に