ナブラチロワさんが乳がん告白「泣いた」

ナブラチロワさんが乳がん告白「泣いた」

女子テニスの往年のスター選手、マルチナ・ナブラチロワさん(53=米国)が7日、米ピープル誌で乳がんに冒されていることを告白した。2月に左胸に腫瘍(しゅよう)が見つかり、検査した結果、陽性と診断された。「泣いたわ。私は人生も体もコントロールしてきたと思っていたけど、その瞬間、すべてが自分の手から滑り落ちた気がした」と振り返っている。同誌によると、ナブラチロワさんはすでに腫瘍摘出手術を受け、5月から放射線治療を始める予定で、生存可能性は非常に高いという。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


合成繊維に接する職場環境、女性の乳がんリスク高める可能性 研究 »
« 白血病治療の「末梢血幹細胞移植」非血縁者間でも実施を準備