末梢血移植、非血縁者間も=ドナー負担軽く-骨髄財団方針

末梢血移植、非血縁者間も=ドナー負担軽く-骨髄財団方針

健康な人の血液に含まれる造血幹細胞を白血病患者に移植する「末梢(まっしょう)血移植」について、骨髄移植推進財団は8日までに、現在の血縁者間から非血縁者間に拡大する方針を固めた。既に厚生労働省に計画を提出しており、承認されれば10月から段階的に開始する。
 末梢血移植は、全身麻酔をかけて骨盤から骨髄を採取する骨髄移植よりも提供者(ドナー)の負担が軽く、海外では一般的。国内では2002年、幹細胞を増やす薬を投与されたドナーが急性骨髄性白血病を発症して死亡したため、薬の安全性に懸念が生じ、血縁者間に限定している。
 その後、厚労省研究班などが血縁者間移植のドナーを追跡調査し、データを収集。この結果、薬と死亡との因果関係はないと結論付けられた。
 計画では、初年度は5~10施設に限定した上、過去に提供経験のあるドナーに限って実施。年内に1、2件程度を想定している。来年は15~20件程度、5年後以降は約160施設で現在の骨髄移植並みの年間1200件程度の移植を目指す。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


白血病治療の「末梢血幹細胞移植」非血縁者間でも実施を準備 »
« 乳がん治療が終了した「ER 緊急救命室」のアビー、モーラ・ティアニーが現場に復帰