乳がん治療が終了した「ER 緊急救命室」のアビー、モーラ・ティアニーが現場に復帰

乳がん治療が終了した「ER 緊急救命室」のアビー、モーラ・ティアニーが現場に復帰

[シネマトゥデイ映画ニュース] 乳がんと診断され、新作テレビドラマ「パレントフッド」(原題)への出演をあきらめたモーラ・ティアニーが撮影現場に復帰した。

 テレビドラマ「ER 緊急救命室」のアビー役で知られるモーラは、テレビドラマ「レスキュー・ミー ~NYの英雄たち」でデニス・リアリーの恋愛対象となる女性を演じているが、同じ役で撮影を開始したとのこと。「モーラは治療を完全に終え、順調にやっています。彼女は人生の次のステップへと進めることを喜んでいます。」とモーラのスポークスマンはアメリカのTVガイド誌に語っている。WENNによると、モーラはすでにいくつかのシーンを撮り終えているらしいが、放送は来年になるという。モーラが降板したテレビドラマ「パレントフッド」は、テレビドラマ「ギルモア・ガールズ」のローレン・グラハムが代役で出演している。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


末梢血移植、非血縁者間も=ドナー負担軽く-骨髄財団方針 »
« テニス=ナブラチロワさん、乳がんを米誌で告白