「ER」アビー役のモーラ・ティアニー癌闘病から復帰

「ER」アビー役のモーラ・ティアニー癌闘病から復帰

人気医療海外ドラマ「ER 緊急救命室」のシーズン6から15までアビー役を演じていたモーラ・ティアニーが、「レスキュー・ミー NYの英雄たち」に再出演することが明らかになった。

米TVガイドが報じた内容によると、モーラはNBCネットワークで放送中の「レスキュー・ミー NYの英雄たち」シーズン7へのゲスト出演を契約。シーズン5で演じたケリー・マクフィー役を再び演じるという。

モーラのキャラクターは、デニス・リアリー演じるトミー・ギャヴィンのロマンスの相手としてシーズン5に登場していたが、今回は異なる展開になるとのこと。すでに撮影に入っており、放送は2011年の予定。

モーラは、昨年9月に乳がんであることを告白し、治療に専念するためキャスティングされていた新作ドラマ「Parenthood」を降板。しかし、今年2月には舞台に立てるまで回復し、現在は全ての治療を終えており、健康状態は非常に良いとの声明を出している。

「ファミリー・タイズ」「Law & Order」など人気ドラマに出演した後、「ER」に婦人科ナース役としてゲスト出演したモーラは、すぐにレギュラーへと昇格。アビーの母親役を演じたサリー・フィールドとの共演が高く評価され、エミー賞ドラマシリーズ部門助演女優賞にもノミネート。実力派女優として人気がある。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


DNAの傷 光るタンパクでくっきり がん診断の精度向上 長崎大原研 被爆者研究を応用 »
« 栃木SC がん闘病『仲間』支援