子宮頸がん原因ウイルスの感染経路、認知度は3割未満

子宮頸がん原因ウイルスの感染経路、認知度は3割未満

子宮頸がんの原因となるヒトパピローマウイルス(HPV)の主な感染経路が性交渉であると知っている人は全体の3割に満たないことが、臨床試験支援事業などを展開するクリニカルトライアルの調べで分かった。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


栃木SC がん闘病『仲間』支援 »
« 非血縁者からも「末梢血」移植 白血病治療で新指針