市立甲府病院 がん治療拠点に 厚労省指定 峡東圏もカバー

市立甲府病院 がん治療拠点に 厚労省指定 峡東圏もカバー

市立甲府病院は本年度、厚生労働省から地域がん診療連携拠点病院の指定を受けた。中北医療圏の拠点として、最新の治療を提供するとともに、周辺の医療機関と連携して、地域全体のがん診療の質の向上をめざす。本年度から指定を外れた山梨厚生病院に代わり、峡東医療圏もカバーしていく。
 市立甲府病院などによると、地域がん診療連携拠点病院は、高度のがん治療を提供するほか、地域の医療機関の診療を支援する役割などを担う。指定には、化学療法や、心身の苦痛を和らげながら治療をサポートする「緩和ケア」の提供、他の医療機関との連携などが要件となり、本年度からは最新の放射線治療機器「リニアック」が整備済みであることが加わった。
 県医務課によると本年度は、リニアックが整備されていないことから、山梨厚生病院と富士吉田市立病院が指定から外れた。また「医療圏に1カ所」とされていた指定の指針が改定されたことにより、中北医療圏にはすでに山梨大付属病院が拠点病院となっていたが、市立甲府病院も指定を受けられることになった。都道府県拠点には県立中央病院が指定されている。
 市立甲府病院は、2005年にリニアックを設置し、昨年度からは、専門医師や看護師らによる「緩和ケア外来」を開設。国立がんセンターの研修を修了した専門員による相談室も設け、総合的ながん治療に取り組んでいる。地域の医療機関に対しては、がん治療に関する相談を受け付けているほか、早期診断や緩和ケアについての研修会を開くなどしている。指定を受け同病院では今後、「緩和ケアを強化するとともに、地域の医療機関への情報提供を積極的に行っていきたい」としている。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


大腸がん予防と治療 »
« 乳がん検診 体に優しく 高岡市民病院が新機器導入