子宮頸がん 早期検診で予防を

子宮頸がん 早期検診で予防を

20代や30代の若い女性の間で増えている子宮頸(けい)がんの予防を訴えるため、NPOのメンバーらが9日、全国各地で早めの検診を呼びかけました。子宮頚がんは、検診を受けて早期に発見し治療を受ければ、100パーセント近く治すことができるといわれていますが、検診の受診率は20%程度にとどまっています。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


キャンパスウオーク・これが評判!:東京家政大 ピンクリボン運動 /東京 »
« 子宮頸がん:4月9日、予防の日 「検診、ワクチン接種を」