がんを学ぶ青葉の会:中央区で、きょう総会 /福岡

がんを学ぶ青葉の会:中央区で、きょう総会 /福岡

福岡市のがん患者やその家族でつくる「がんを学ぶ青葉の会」(松尾倶子代表)が11日午後0時半から中央区天神1の西日本新聞会館で総会を開く。設立から7年を迎える同会は、会の中に今年新たに40代以下の「わかばグループ」を作るほか、NPO法人化も目指している。

 同会は03年設立で会員約160人。がん医療の勉強会▽自然観察会▽治療効果のある自然料理教室▽読書会--のテーマ活動を続け、季刊誌「あおば通信」発行やがんに関する講演会などにも取り組み、患者とその家族の支えになってきた。

 わかばグループは年代を対象にした初の試みで、最近若い会員が増えていることに対応した。13年前に余命5カ月と宣告された胃がんを克服した経験を持つ松尾代表は「若い人が互いにサポートしあえる場にしたい」と参加を呼び掛けている。

 同会の年会費は3000円。入会などの問い合わせは青葉の会(090・3193・9676)。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


県立成人病センター研究所(滋賀県守山市)は、ヒトの染色体の組みかえを簡単に操作できる技術を開発し、米国科学雑誌オンライン版で発表した。研究所は「染色体の異常で起こるがんなどの病気の原因解明に役立つ可能性がある」としている。 »
« 劇作家で小説家井上ひさしさん、肺がんのため死去