クレヨンしんちゃん:小児がんと闘う子供と家族ら、試写に

クレヨンしんちゃん:小児がんと闘う子供と家族ら、試写に

病気と闘う子供たちを励まそうと「映画クレヨンしんちゃん 超時空!嵐を呼ぶオラの花嫁」の特別試写会が11日、東京都千代田区有楽町1の東宝本社で開かれ、小児がん征圧キャンペーン「生きる」の趣旨に賛同した東宝が、子供と家族ら48人を招待した。

 映画は、主人公しんのすけが、タイムマシンでやってきた未来の婚約者タミコとともに未来都市ネオトキオへ向かい、大人のしんのすけを救う物語。

 4歳の時に脳腫瘍(しゅよう)の一つ髄芽腫(ずいがしゅ)と診断された東京都荒川区の小学2年、山田あかりさん(7)は「(主人公の飼い犬の)シロがいっぱいでてきてかわいかった」と笑顔をみせた。1歳のころ脳腫瘍となり、治療経験のある埼玉県所沢市の小学6年、三橋侑司さん(11)も「ハラハラドキドキするストーリーで面白かった」。

 映画は17日から東宝系で全国公開される

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


子宮頸がん 知ってますか »
« “がん”や“生活習慣病”の発症リスクを自己判定する検査サービス「リスクチェックシリーズ」新発売