ミケルソン、難病撲滅願い帽子にピンクリボン

ミケルソン、難病撲滅願い帽子にピンクリボン

米ジョージア州オーガスタのオーガスタ・ナショナルGCで行われた「ゴルフの祭典」マスターズ・トーナメントで11日、4年ぶりの優勝を決めたフィル・ミケルソン選手(39)=米国=の帽子には、乳がん撲滅のため、早期検診を訴える運動のシンボル「ピンクリボン」の刺しゅうがあしらわれていた。

 昨年5月にエーミー夫人の乳がんが分かった。それ以後は競技よりも闘病する妻に付き添うことを優先した。妻が手術を受け、母にも乳がんが見つかった直後の昨年7月には、全英オープン選手権の出場を取りやめた。メジャー61大会連続出場の大記録が途絶えたが「わたしには家族が最優先」と迷いはなかった。

 快方に向かっている夫人にとって手術後、初めての観戦だった。ミケルソン選手は「この1年はきつかったが、困難と闘う妻を誇りに思う」と話した。優勝を決めた直後のグリーン脇で、熱く抱擁した。言葉は必要なかった。「何と言っていいのか分からず、ただ抱き合った」。3人の子どもたちも加えた歓喜の輪に、大観衆が総立ちで祝福を送る。名手のほおを熱い涙が伝った。(共同)

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


“がん”や“生活習慣病”の発症リスクを自己判定する検査サービス「リスクチェックシリーズ」新発売 »
« がん克服へNPO化 青葉の会