がん克服、大会で3キロ完走 相生の10歳男児

がん克服、大会で3キロ完走 相生の10歳男児

毎年全国で30~40人の子どもが発症するという肝臓がんの一種、肝芽腫を克服した相生市立青葉台小5年の川口祐典君(10)=同市若狭町=が11日、芦屋市で行われた「ユニセフカップ2010芦屋国際ファンラン」で3キロを完走した。川口君は「ゴールできてよかった。これからもマラソンやサッカーを頑張りたい」と話している。

 川口君は、4歳だった2004年3月にがんと判明。母の吉代さん(35)から生体肝移植を受けたが、翌年左肺に転移が見つかった。「再発は生存率ゼロ」といわれたが、大量の抗がん剤投与などで克服。現在は、サッカークラブなどで活動している。

 大会には吉代さんや、腎臓がんを克服し、「命」をテーマにした情報誌の編集長を務める杉浦貴之さん(38)=愛知県岡崎市=らとともに出場。川口君は数年前から杉浦さんを慕い、一緒に走る約束をしていた。

 この日は川口君が先にゴールし、「約束を果たせた。祐典君の姿は多くのがん患者に希望を与えるだろう」と杉浦さん。吉代さんは「治療を終え、もうすぐ5年。本当に元気になった」と喜んでいた。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


ミケルソンが4年ぶり3度目のV 乳がん克服の愛妻に捧げる »
« 野田村でワクチン無料化 子宮頸がん、細菌性髄膜炎