がんの仕組み知り予防を

がんの仕組み知り予防を

 がんを発症する仕組みや抗がん剤の効能、実践可能な予防法などについて解説した「がん予防時代 最低限、必要なこと」(西村書店、1575円)が出版された。
 著者は、がん細胞や抗がん剤に関する研究を長年続ける中谷一泰・昭和大名誉教授。「敵の正体をよく知り、侵入を防ぐにはどうすればいいかを分かりやすく説明する社会的責任を感じた」のが執筆の動機で、図表も多用してかみ砕いた解説を心掛けたという。
 治療や予防に関するさまざまな情報が出回る中、「自分の身を守るには、科学的に物事を判断する力をつけることがますます重要になる」と訴えている。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


野田村でワクチン無料化 子宮頸がん、細菌性髄膜炎 »
« 【サノフィ・アベンティス・ショカ社長】成長ドライバーに「癌領域」‐糖尿病と2領域で活動強化