がん闘病中のトンガの又平さん 友が支援

がん闘病中のトンガの又平さん 友が支援

がんで闘病中のトンガの又平直子さん(51)を救え――トンガに住み日本との友好に尽くしている又平さんを支援するコンサートが友人たちにより、14日花巻市内で、21日盛岡市内で開かれる。阪神大震災時にボランティアで活躍し、祖国トンガでがんで亡くなった又平さんの夫タシ・アフェアキさんを追悼するコンサートでもある。

 コンサートを企画したのは花巻市東和町で喫茶店を営む音楽家溝渕和雄さん(64)、みえ子さん(61)夫妻。以前から親交があった又平さんから今月1日、「医師から末期がんで、余命数カ月と宣告された」との連絡が入った。

 カンパを募り、医療費を支援しよう。溝渕さん夫妻は県内の音楽家に働きかけた。

 又平さんは静岡県出身で、トンガのタシさんと結婚、日本で暮らしていた。タシさんが肺がんにかかっていることがわかり1996年にトンガに移住。タシさんはこの年、50歳で死去した。

 又平さんはタシさんの死後、トンガで民宿を営みながら、インターネットで「トンガ通信」を配信。トンガを訪れた日本人の世話をし、相撲の普及に努め、貧しい子どもたちを支援していた。

 タシさんは95年の阪神大震災の時に現地に飛んだ。神戸市東灘区の御影工高校体育館の避難所で避難民の世話をし、笑顔で奮闘する外国人として感謝された。

 溝渕さんは「驚きの知らせでした。どんな支援ができるか考えたら音楽しかなかった。日本人がお世話になったタシさんに、お礼とお返しの意味も込めて開きたい」と話している。

 コンサートは14日午後7時から花巻市内の妙円寺、21日午後6時から盛岡市内のプラザおでってで。入場無料。出演は溝渕さんのほか、花巻市内のシンガー・ソングライター宮沢勝彦さん(42)ら。

 問い合わせは「カフェほうほう」(0198・42・4005)。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


がん手術のプラシド・ドミンゴ、スカラ座で公演復帰へ »
« 市民公開シンポ:日本病理学会、最新がん医療解説 新宿・京王プラザで29日 /東京