武田薬、医薬情報担当者教育を強化-糖尿病・循環器に力

武田薬、医薬情報担当者教育を強化-糖尿病・循環器に力

武田薬品工業は新製品の相次ぐ市場投入を視野に入れ、医薬情報担当者(MR)教育を強化する。
 毎月の継続教育に加え、営業所単位の1日研修の中に、新製品に関連する疾患、診断、治療の教育を織り込むなど専門家育成を加速。中でも、糖尿病と循環器関連については、1年間のスペシャリストコースを設置するなど特に力を入れている。個人のスキルアップだけでなく、チーム力も強化し新製品の市場浸透と市場シェア拡大を目指す。
 武田薬品工業はここ5年間でMR人員を2000人に拡大。これに伴い、MR人員のスキルアップに取り組んでおり、糖尿病と循環器関連分野に設置したスペシャリストコースでは、専門医の講義、病院で患者と同じ検査や食事を体験する研修活動を実施している。3年以上のMRを対象に、糖尿病は年間約100人、循環器は約50人が受講し、延べ人数で約1000人がコースを修了した。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


間寛平、がん治療でアースマラソン一時中断 »
« 白血病 電流で発見 北九州の研究グループ 新技術 微量血液 正確に判定