寛平、地球一周中断…渡米し2か月がん治療に専念

寛平、地球一周中断…渡米し2か月がん治療に専念

前立腺がんと闘いながら、マラソンとヨットで地球を一周する「アースマラソン」に挑戦中のタレント・間寛平(60)が、マラソンを一時中断して放射線治療に専念することが15日、アースマラソン製作委員会から発表された。病状の悪化は否定し、6月下旬にも再スタートする方針だが、約2か月の“戦線離脱”からの復帰は困難を極めそう。2008年12月に出発してから約3万2500キロ地点で、最大の危機が訪れた。

 がん治療とマラソンの両立には、やはり無理があったのか。寛平はスタート484日目の14日、イランから中央アジア南西部のトルクメニスタンに入国。1月4日にトルコで行った生体検査でがん細胞が発見されてからも、ホルモン療法の治療を受けながら激走を続けてきたが「ここでいったんアースマラソンを中断して、2か月間放射線治療に、アメリカに行くことに決めました」と、苦渋の決断を明かした。

 アースマラソン製作委員会によると、医師団の中で今後の治療方法について意見が分かれたという。寛平本人も協議に加え、検討を重ねた結果、一時中断を決定。トルクメニスタンには適切な治療を望める施設がないことから、今後は日本時間の16日未明に米サンフランシスコに渡り、「カリフォルニア大学サンフランシスコ校がんセンター」で日本人医師の篠原克人教授の下、20日から約2か月間、前立腺がんの治療に専念する。

 寛平は「急に悪くなったわけではありませんから、心配しないでください。アースマラソンを完走するために決めました。そして僕自身のためにも決めました」と、病状悪化が中断の理由ではないことを強調した。

 2か月後の6月下旬に再スタートする方針だが、復帰への道のりは険しそうだ。強じんな肉体を誇る寛平とはいえ、2か月間も治療に専念することで体力低下は避けられそうにない。60歳という年齢もあり、復帰後これまで通りの走りができる保証もない。そのうえゴールの日本まで、まだ約4000キロも残す。2か月以上に及ぶがんとの過酷な闘いを考えると、その距離はあまりにも長い。

 「必ずこのトルクメニスタンには帰ってきます! そして日本にはゴールしますので、またよろしくお願いします。行ってきます!」と気丈に宣言した寛平。鉄人ランナーは、この試練を乗り越えられるのか。

 ◆間 寛平(はざま・かんぺい)本名・間重美。1949年7月20日、高知県宿毛市生まれ。60歳。70年に吉本興業入り。74年吉本新喜劇座長に就任。「かい~の」「アヘアヘ」などのギャグで人気に。92年、日テレ系「24時間テレビ」で200キロチャリティーマラソンに挑戦も途中リタイア。翌年、再チャレンジし完走。これまで多くの長距離レースに参加している。

 ◆アースマラソン 間寛平がランとヨットで世界を一周する地球規模のマラソン。ゴールまでの総移動距離は陸上約2万キロ、海上約1万6000キロにわたる。

 ◆アースマラソンの足跡
▽08年12月17日 大阪・なんばグランド花月前を出発。
▽09年1~4月 千葉県鴨川市から1月1日にヨットで出発、3月に米ロサンゼルスに無事到着。4月にはロッキー山脈頂上に到達。
▽同7~10月 7月、米ニューヨークから再びヨットに乗り、大西洋横断。約1か月でフランス・ルアーブルに到着。10月には16年夏季五輪オリンピック委員会総会の五輪招致大使としてデンマーク・コペンハーゲン入り。
▽10年1月13日 欧州からアジアにたどり着いた直後、前立腺がんであることが判明。ホルモン療法による治療とマラソンの両立を決定。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


完走するための中断…寛平がん治療を優先 »
« 寛平 アースマラソン中断…米でがん治療へ