寛平 アースマラソン中断…米でがん治療へ

寛平 アースマラソン中断…米でがん治療へ

マラソンとヨットで地球を一周する「アースマラソン」に挑戦中のタレント、間寛平(60)が同マラソンを一時中断し、前立腺がんの放射線治療を受けることが15日、分かった。現在、寛平は中央アジアのトルクメニスタンに滞在中。米国サンフランシスコ市内で今月20日から約2カ月間、入院するという。病気の悪化ではなく、「アースマラソンを完走するために決めました」と本人はコメント。がんとの闘いを終えた後、6月下旬に再スタートを切る。

  ◇  ◇

 寛平はトルコ滞在中の今年1月13日、前立腺がんと診断されたことを公表。その後、がん細胞の働きを抑えるホルモン療法を受けながら走り続けてきた。2008年12月17日に大阪をスタートして484日目となる今月14日に、イランからトルクメニスタンに入国。ここで、完走のために一時中断の決断をした。

 寛平は発表したコメントで「急に悪くなった訳ではありませんから、心配しないでください。アースマラソンを完走するために決めました。そして僕自身のためにも決めました。早く走る姿をみんなに見てもらえるように頑張ります」などと説明している。

 所属事務所によると、今回の放射線治療はがん根治へ次の段階に進もうとするものだ。がん発覚後には、光代夫人やスタッフが専門の医師らに相談。その結果、最先端技術と臨床例に富む「カリフォルニア大学サンフランシスコ校がんセンター」が入院先に決まった。治療は前立腺がんの権威として有名な日本人医師・篠原克人氏が担当するという。

 寛平は2カ月間の治療後、トルクメニスタンに戻り、6月下旬をめどに再出発する予定。治療中もスタッフや光代夫人が近況を公式ホームページのブログで伝えるほか、寛平本人も「ぼくもツイッターをやってますので、つぶやきます」としている。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


寛平、地球一周中断…渡米し2か月がん治療に専念 »
« 那覇市、がんケアサロン常設へ 県内初、患者や家族ら支援