市町村のがん検診受診低下 メタボ健診で混乱か

市町村のがん検診受診低下 メタボ健診で混乱か

2008年度に市町村が実施した胃がんや肺がん、大腸がん検診の受診率が前年度に比べ落ち込んだことが、厚生労働省の調査で分かった。自治体関係者は、08年度に始まった特定健診(メタボ健診)実施による混乱が影響し、受診率が低下したとみている。

 厚労省は、市町村に加え、職場などで実施されるがん検診の受診率を07年度から5年以内に50%以上にするがん対策推進基本計画に基づき、昨年推進本部を設置、受診率向上を目指している。

 大腸がん検診は前年度まで受診率が上昇傾向にあったが、2・7ポイント下がり16・1%に低下。前年度唯一20%を超えていた肺がんは17・8%(3・8ポイント減)、胃がんは10・2%(1・6ポイント減)と下がった。子宮がんは19・4%(0・6ポイント増)、乳がんは14・7%(0・5ポイント増)とわずかに上昇した。

 07年度までは、市町村が基本健康診査とがん検診を実施。しかし、08年度に基本健診が廃止され、代わりに始まった特定健診は市町村運営の国民健康保険(国保)に実施が義務付けられ、がん検診と実施主体が分かれた

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


府がん情報ネット:内容を更新、情報より詳細に /京都 »
« 那覇市、がんケアサロン常設へ 県内初、患者や家族ら支援