卵巣を凍結保存、がん治療後移植 順天堂大と不妊クリニック

卵巣を凍結保存、がん治療後移植 順天堂大と不妊クリニック

順天堂大は16日、抗がん剤や放射線治療で卵巣機能が失われる前に患者から卵巣を摘出して凍結保存し、がんの治療後に本人に移植して自然妊娠を可能にする治療を、多くの不妊治療を手掛けている加藤レディスクリニック(東京)と共同で始めると発表した。

 同クリニックは既に米国で2例、卵巣機能を回復させることに成功しているという。

 同クリニックが開発した「超急速ガラス化保存法」という技術を利用。2個ある卵巣の一方を腹腔鏡手術で摘出し、縦横1センチ四方、厚さ1ミリの組織片を作製。冷却中に氷の結晶ができて細胞が壊れないよう急速に冷やすため、組織片を載せる銅板に穴を開けて熱を伝わりやすくし、液体窒素に入れる。保存した組織片は、がん治療終了後に、もう一方の卵巣に移植する。

 摘出した卵巣に卵胞が発育していれば、卵子も取り出し凍結保存する。

 がんの種類は問わず、保護者が同意すれば未成年でも可能。ただ子宮も摘出しなければならない場合は、現在日本で認められていない代理出産が必要になるため、行わない。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


那覇市、がんケアサロン常設へ 県内初、患者や家族ら支援 »
« 「がん」のこと、本当に知ってますか? 好評の新刊本「がん治療を受ける前に知っておきたい55のこと」