がん患者の卵巣凍結保存、治療後に移植・回復図る 順大

がん患者の卵巣凍結保存、治療後に移植・回復図る 順大

抗がん剤や放射線治療による副作用で卵巣の働きが衰え、妊娠できなくなる可能性がある女性がん患者の卵巣を凍結保存し、がん治療終了後に体内に戻す治療を、順天堂大(東京都)と加藤レディスクリニック(同)が始める。16日に記者会見で発表した。すでに同大倫理委員会で承認を受けている。患者の体内に戻すのは国内で初めて。

 治療前に卵巣から卵子を採取して凍結保存しておく試みは約10年前からあり、世界で千人以上の子が生まれている。しかし採取できる卵子の数が限られ、体外受精で妊娠するしかない。一方、卵巣凍結保存治療は自然妊娠や卵巣機能の回復が期待できる。

 卵巣凍結は二つある卵巣のうち一つを取り出して、一部を凍結保存し、がん治療後に、残った患者の卵巣に移植して機能を回復させるというものだ。取り組みは過去にもあったが、すべて臨床研究段階。凍結保存していた卵巣組織を患者に戻した例は臨床研究も含めて国内ではない。

 今回の治療の費用は卵巣凍結に約50万円、治療後に戻す移植で約20万円を想定している。

 加藤レディスクリニックによると、ベルギーでは凍結保存した卵巣を戻して出産した例が5件報告されている。

 卵巣凍結を規制する法律や学会指針はなく、日本産科婦人科学会の吉村泰典理事長(慶応義塾大教授)は「大学倫理委の承認を得た上で、臨床研究として実施する分には問題はないと思う」と話す。

 ただ、海外でも実施例が少ない段階で患者から治療費を取り、通常の治療として実施するには、凍結する卵巣にがん細胞が含まれていないかといった安全性の問題が残る。どれぐらいの割合で出産に成功するかといった点も不明だ。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


がん検診受診率、胃・肺は落ち込み婦人系微増 »
« 卵巣:摘出し凍結、移植へ がん治療後の出産に道--順天堂大