サッカー:Jリーグ 塚本選手負けるな 骨肉腫で闘病、古巣の柏が寄付 /千葉

サッカー:Jリーグ 塚本選手負けるな 骨肉腫で闘病、古巣の柏が寄付 /千葉

<スポーツちば>

 柏レイソルは、中学時代にU15(15歳以下)チームでプレーし、現在は右大腿骨(だいたいこつ)の骨肉腫で闘病中の塚本泰史選手(24)=大宮アルディージャ=を支援する基金に約185万円を寄付した。

 3月21日の福岡戦と4月4日の水戸戦で、塚本選手の後輩にあたる選手らが募金活動を展開し、サポーターから約145万円が集まった。柏の選手会と球団からの各20万円と合わせて寄付した。

 柏のMF菅沼実選手(24)は、U15で塚本選手と同級生だった。ともに埼玉県出身で、柏まで毎日通い続けた「同志のような存在」だという。菅沼選手は「自分にできるのはピッチで活躍して元気な姿を見せることだけ。それが一番」と塚本選手への思いを胸に秘める。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


がん治療へ向かう予定が…寛平大噴火で足止め »
« 乳がんのため両胸の乳房切除手術を受けたクリスティナ・アップルゲイト、婚約!