乳がんのため両胸の乳房切除手術を受けたクリスティナ・アップルゲイト、婚約!

乳がんのため両胸の乳房切除手術を受けたクリスティナ・アップルゲイト、婚約!

[シネマトゥデイ映画ニュース] 2008年に乳がんのため両胸の乳房切除手術を受けたクリスティナ・アップルゲイトが恋人のマーティン・レノーブルと婚約をした。

 ピープル誌によるとクリスティナは昨年、「幸せと喜びを見つけることを」を人生の目標に掲げていたというが、無事に見つけることができたようだ。クリスティナのスポークスマンは彼女がミュージシャンのマーティンと婚約したことを認めている。二人は交際して2年になり、今年のバレンタインデーに婚約をしたとのこと。

 クリスティナは37歳の誕生日プレゼントとして、乳房再建手術を受け「これで90歳になっても、かわいいオッパイのままだわ」と当時のインタビューで笑いを取っていた。クリスティナは俳優のジョナサン・シェックと結婚していたことがあり、マーティンにとっても2度目の結婚となる。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


サッカー:Jリーグ 塚本選手負けるな 骨肉腫で闘病、古巣の柏が寄付 /千葉 »
« がんの痛み緩和 鎮痛テープ新薬承認 久光製薬