がん化低い『多能性幹細胞』 Muse細胞

がん化低い『多能性幹細胞』 Muse細胞

人間の皮膚や骨髄の組織の中に、さまざまな組織に分化する新しい「多能性幹細胞」を見つけたと、東北大の出沢真理教授らの研究チームが発表した。成果は二十日の米科学アカデミー紀要に掲載される。がん化の危険性も低いと考えられ、再生医療などへの応用が期待される。

 新たな細胞は、骨髄や皮膚の「間葉系」と呼ばれる組織の中にわずかに含まれ、Muse(ミューズ)細胞と名付けられた。この細胞を培養液の上などで培養すると神経(外胚葉(はいよう)系)、筋肉(中胚葉系)、肝臓(内胚葉系)などの異なる系統の組織細胞に変化した。

 人体を形作る三つの系統の細胞に変化するほか、胚性幹細胞(ES細胞)や人工多能性幹細胞(iPS細胞)など、体のすべての組織の細胞になれる多能性幹細胞の特徴とされるタンパク質を持つことが分かった。

 この類似から、ミューズ細胞も体のあらゆる細胞に変化する「多能性」を持つ可能性があるという。ただ、ES細胞やiPS細胞のように無限に増える性質は持たない。

 マウスにミューズ細胞を移植した実験では腫瘍(しゅよう)ができず、多能性幹細胞で問題となるがん化の面では安全性が高いという。

 出沢教授は「ES細胞やiPS細胞と似るが違う側面も多い。安全性が非常に高い可能性があり、利用できる再生医療の分野があるのではないか」と話す。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


がん治療の寛平 北京経由でサンフランシスコへ »
« 抗がん剤VGXが動物モデルで腫瘍増殖を抑制=豪サーカディアン〔BW〕