がん治療を続け、働くコツを考えるセミナーを5月に開催

がん治療を続け、働くコツを考えるセミナーを5月に開催

がん患者の就労について考えるCSRプロジェクトは5月1日、東京都渋谷区のSPAZIO2で、セミナー「がんと一緒に働こう!~治療を続けながら働くコツ~」を開催する。
CSRプロジェクトは、NPO法人のHOPEプロジェクトとキャンサーネットジャパンによる、がん罹患と就労問題の解決を目指す取り組み。
 セミナーでは、CSRプロジェクトの桜井なおみ代表が「CSRプロジェクトとは」のテーマで、また神戸大大学院経営学研究科の大学院生の瓜生原葉子さんが「働き続けられる社会に向けて」のテーマで、それぞれ基調講演を行う。さらに、財団法人日本対がん協会の関原健夫常務理事が「働き盛りのがん」と題して特別講演を行う。
 このほか、桜井氏が司会を務める「働き世代のがんを考える」をテーマにしたディスカッションのパネリストとして、獨協医科大公衆衛生学講座の高橋都准教授やHOPEプロジェクトの近藤明美理事、クレディセゾン人事部の武田雅子部長らが登壇する。

 時間は午後1時からで、定員は160人。参加費は1500円(書籍代含む)。参加希望者は、ホームページhttp://cancernet.jp/eve.htmlか、メール0501csr@cancernet.jpなどで申し込む。
 問い合わせは、NPO法人キャンサーネットジャパン内CSRプロジェクト事務局03(5840)6072まで

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


韓国Samsung Electronics(サムスン電子)社は、同社の半導体製造工場で働く従業員の間でがんが多発しているという申し立てに対し、責任を否定するコメントを出したほかは、沈黙を守っていた。 »
« 悩みを気軽に話し合う「熊本がんサロン」スタート