口腔がん健診スタート

口腔がん健診スタート

県歯科医師会が今月から、県内のほぼすべてとなる約650歯科診療所で、患者に対し口腔(こうくう)がんの検診を始めた。口腔がんは認知度は低いが、死亡率は腎がんや白血病と同程度と高く、早期発見による早期治療を目指す。都道府県単位で口腔がん検診をしているところは全国的にもまだ少ないという。

 昨年11月に東北の6県歯科医師会と北海道歯科医師会、岩手医大を含む7大学の歯学部などが設立した「東北口腔がん対策推進会議」が進める対策の一環。6県の中では最初の開始で、これだけ広範囲で実施するのは全国初という。

 歯科医は、患者を治療した後、6県共通で作成した13項目のチェックシートに従い、口の中を調べ、異常が見つかれば岩手医大に紹介する。治療で来院した場合、検診は無償となる。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


【News Tonight いいおとな】母の日 ピンクリボン運動 »
« トランスジェニック 尿サンプル癌診断の測定系特許が米国で成立