間寛平:担当医明かした 腫瘍は「5段階の4」

間寛平:担当医明かした 腫瘍は「5段階の4」

「アースマラソン」挑戦中に前立腺がんと診断されたタレントの間寛平(60)が20日、放射線治療を受ける米サンフランシスコで担当医と記者会見し「頑張って早く治し、またスタートしたい」と復帰を誓った。

 担当医でカリフォルニア大サンフランシスコ校の篠原克人教授は「腫瘍(しゅよう)の程度を5段階とすると4と高いが、きちんと治療すれば完治する」と説明。「治療を受けながらトレーニングができるだろう」と語った。

 日焼けした間は「ここで走っても(ゴールまでの)距離が縮まらないのが残念」と笑いを誘いながら「山あり谷あり。これもアースマラソン」と納得した表情。約2カ月間治療を受けた後、マラソンを中断したトルクメニスタンに戻る予定だが、再開時期は治療の状況を見ながら判断するという。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


36市町村で女性がん検診の無料券 »
« 大館市立総合病院に「がん患者サロン」開設